困惑のグルメ

異国で出会う味はおっかなビックリの連続。ベトナムを旨く息抜く、フード・レコード。

タイ・バンコクの冷やし中華

『Waraku』

バンコク滞在中は、とにかく一食でも多く日本食を食べることを目標としていたため、つい商品ディスプレイにつられて入ってしまった、なんちゃって日本食レストラン。つまり、外国に多い日本人以外によるレストラン。

冷やし中華

オリジナリティを出すためか、長い皿に盛りつけられた冷麺。錦糸卵ときゅうりはいいとして、サイドを固める茹で海老と照り焼きチキン。これじゃない感が漂います。と言いつつも、つけ汁は万能のごまダレですべてをチャラに。これはこれでありですが、ベトナムでも食べられるレベル。食べ歩きは、計画的に。

f:id:ChopsticksLR:20160912150242j:plain

スタッフもタイ人で、接客レベル、服装なども、東南アジアクォリティ。現地人のサービス・レベルは、ベトナムとどっこいどっこい。決してうらやむべきものばかりではないと、少し安心しました。

 

お気に入り:★★


タイ人のお客さんは、たくさん入っていました。ローカルスタッフと日本食を食べる時には、喜ばれるかもしれません。

 

Central World 7Fのフードエリア。最寄駅Chit Lom。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ