困惑のグルメ

異国で出会う味はおっかなビックリの連続。ベトナムを旨く息抜く、フード・レコード。

ハノイ・タイホ-区の魚麺

日本人であれば、自然と魚を欲する時があるかもしれません。そんな時に、おススメしたいローカル料理がこれ。具材に魚の入った麺料理です。 魚麺(Banh Da)、40,000VND よく茹でられてほろほろと身がほどける。あっさりとした味わいのスープに、少し苦みの…

タイ・バンコク セントラル・ワールドまとめ

『セントラル・ワールド』 ベトナムでは考えられないスケールのショッピングモール。規模だけでなく、海外に住む日本人が求める要所を抑えたラインナップが魅力です。効率よくショッピング、グルメを楽しむには、欠かせません。 ただ、あまりにも広いため、…

タイ・バンコクのパエリヤ

『Jamon Jamon』 短いタイ滞在の締めくくりは、スペイン料理。今回は、タイ料理を体験せず。ベトナム在住であれば、タイは2度、3度と来る可能性があるので、観光旅行のような体験はまたの機会に。 イカ墨のパエリヤ。 タイの友人との会食で。3、4人以上集ま…

タイ・バンコクの水餅

『京ロール園』 バンコクの食の充実ぶりは、実にスイーツにまで及びます。ベトナムでは、日本で普通に食べられる生クリーム、ソフトクリームが食べられません。冷凍・冷蔵の物流が発達していないために、クオリティの確保が難しいのです。 水餅。 いまにも流…

タイ・バンコクの冷やし中華

『Waraku』 バンコク滞在中は、とにかく一食でも多く日本食を食べることを目標としていたため、つい商品ディスプレイにつられて入ってしまった、なんちゃって日本食レストラン。つまり、外国に多い日本人以外によるレストラン。 冷やし中華。 オリジナリティ…

タイ・バンコクの小籠包

『鼎泰豊(ディンタイフォン)』 言わずと知れた台湾の点心の名店。すでに日本でも主要都市に17店舗展開しています。とはいえ、訪れたのは今回が初めて。それも日本ではなく、バンコクで。ハノイには、一流ホテルの高級レストランを除いて、安価に中華を食べ…

タイ・バンコクの牛丼

『吉野家』 和食ファストフードの筆頭、吉野家。海外進出に積極的で、ベトナムにも1店進出しています。同業のすき家も先日オープンしたイオン4号店に初出店。ただし、どちらもホーチミン。首都ハノイを差し置いて、商都ホーチミンに進出するのが、ベトナムで…

タイ・バンコクの天ぷら

『はげ天』 アジアでサクサクの天ぷらが食べられるなんて。。タイ・バンコクの話です。ベトナムで食べようと思ったら、ベトナム人料理人のものしか恐らく無理でしょう。名のあるホテルや高級和食店は別として。リーズナブル・プライスで上級のクオリティ。日…

タイ・バンコクのあさりカレー

『CoCo壱番屋』 そう、ただのCoCo壱です。しかし、日系チェーンの進出がほとんどないベトナム在住者にとっては、わざわざそこを目的に出かけていくほどの魅力があります。カレー好きの私にとって、ベトナムはカレーの空白地帯。インドカレーはあっても、日本…

ハノイ・タイホー区のトマト・パスタ

『Honoruru Kitchen』(閉店 2017.7.23時点) 最近オープンしたばかりのカフェ。名前から分かる通り、ハワイがコンセプトとなっています。ミニチュアのサーフボードの置物があったり、店員の服装がアロハであったり、随所にハワイを感じられますが、ここハノ…

ベトナムの缶コーヒー

『HIGHLANDS COFFEE 缶コーヒー』 私の浅いベトナム経験では、これが初めて目にする缶コーヒー。しかも、コーヒー大国ベトナムのNo.1コーヒーチェーンのラベルが付いているとなると、飲まずにいられません。 HIGHLANDS COFFEE 缶コーヒー、12,000VND。 Cafe …

ハノイ・ホアンキエム区のフルーツ・ヨーグルト

『Antique』 Cafeがひしめくハノイで、自分のお気に入りを探すのは、この地で暮らす楽しみの一つと言えるかもしれません。バイクの洪水、がなりたてる人の声。その喧騒が街の魅力でもあるのですが、時には静かな場所で落ち着きたいことも。 ハノイには、そん…

ハノイ・タイホー区のチキン・ケバブ

『Nan n Kababu』 ベトナムでケバブと言えば、フランスパンを使用したサンドイッチ(Banh Mi)。それはそれでおいしいのですが、ピタを使った本格ケバブも食べたい。ということで、パキスタン料理店へ。正確には、パキスタン・アラビア・アフガン料理と書か…

ハノイ・タイホー区のハンバーガー

『Chops』 うまいハンバーガーは、西洋人が知っている。というわけで、西洋人の集まるタイホーエリアで、お客の絶えないバーガーレストラン。 ベーコン・エッグ・バーガー、85,000VND。 カリッカリのベーコン、パリッパリのオニオン、テリッテリの目玉焼き、…

ハノイ・タイホー区のチキンカレー

『Indian Palace』 どこのお店で食べても味の差が少ないのが、インド料理。ハノイでは、日本式のカレーを食べることが難しいので、カレー好きとしては、インド料理店があると、チェックするようにしています。ここは、インド人が比較的多いタイホーエリア。 …

ハノイ・ハイバーチュン区のたこ焼き

『Totoro』 寿司、刺身、天ぷらなど、外国人に人気の日本料理。ハノイでは、そのブームが浸透し、最近では、たこ焼きなど、いわゆるB級グルメと言われる日本のファストフードメニューがちらほら出初めてきているように感じます。 たこ焼き、60,000VND。 この…

ハノイ・タイホー区の照り焼きアヒル

『Hong Kong BBQ』 普段使いできる中華のお店をタイホー区にて発見。平日にサクッと済ませたい時に便利なお店です。 アヒル肉セット、65,000VND。 アヒル肉は、香ばしくカリッと焼き上げられ、歯ごたえがあって、ジューシー。ごはん、肉、野菜がバランス良く…

ハノイ・ホアンキエム区のサンドイッチ

『i Banhmi』 ベトナムのファスト・フード言えば、フランスパンのサンドイッチ、ハイン・ミー(Banh Mi)。このお店は、屋台飯をきれいな内装と行き届いたサービスでパッケージ。観光客や在留外国人でも利用しやすくなっています。 メニューもひと工夫。一つ…

ハノイ・ロンビエン区の焼肉

ハノイは、鍋と並んで焼き物も人気。二人分なら、ドリンクを入れても1000円前後で収まるお手頃価格。この店は、鶏がメインで、いろんな部位が楽しめます。仕事終わりに、同僚とがっつりいきたい時におススメ。 焼肉セット、165,000VND。 肉や野菜と一緒にバ…

ハノイ・バーディン区のとんこつラーメン

『幸龍』 『うま屋』と並び、日本クォリティのラーメンが食べられるのがこのお店。というのも、こちらも『うま屋』と同じく、日本に本店があるからです。それが、『一幸舎』博多一幸舎(いっこうしゃ)。 しかし今は、元々の出店形態から、オーナーが変わった…

ハノイ・ホアンキエム区のとんこつラーメン

『うま屋』(閉店 2017.6.23時点) 和食レストランの集まるエリアと言えば、キンマ、ハイバーチュン。評判のいいお店は、大抵このエリアにあります。しかしこのお店があるのは、和食レストランの空白地帯、ホアンキエム旧市街。ハノイでも上位にランクされる…

ハノイ・ホアンキエム区の和え麺

『Quan An Ngon』 現地名物は、現地で食べるのが一番。確かにそうですが、旅行や出張で訪れる短期滞在者にとっては、限られた期間でいかに多くの種類を食べられるかも大事になってきます。そこで、おススメしたいのが、北部から中部、南部まで縦に長いベトナ…

ハノイ・ホアンキエム区のミルフィーユ・サラダ

『Green Tangerine』 日本よりフレンチへの敷居が低いのがベトナムのいいところ。きちんと一流ホテルの本格派もあるし、普段着で入れるカジュアル派もある。特にカジュアルは、フレンチそのものから、ベトナム風アレンジのものまで幅があってうれしい。中で…

ハノイ・コウザイ区の牛丼

『祭』 日本では至る所にある牛丼の吉野家。去年ホーチミンのイオン内にオープンしましたが、ハノイにはまだありません。手に入らないと、欲しくなるのが人の性。日本では、そんなに利用しなかったのに。。 牛丼、90,000VND。 肉が柔らかく、タレも程よく甘…

ハノイ・ホアンキエム区の鶏おこわ

日本人好みのベトナム料理としてお勧めしたいのが、おこわ料理(Xoi)。ベトナムで主食とされる米は、日本のものと異なるため、人によって、匂いや食感で好き嫌いが分かれます。しかし、もち米に関しては、日本で食べるものと同じなので、ギャップなく、いた…

ハノイ・ロンビエン区の牛肉麺

『Mon Hue』 ベトナム国内で最も店舗数の多い飲食チェーンのひとつ。ベトナムの麺料理と言えば、フォーですが、2番目にランクされるのが、この店のメインであるブン。全国展開しているだけあって、店内は清潔で居心地よく、メニューも写真入りで分かりやすい…

ハノイ・ホアンキエム区のカルボナーラ

『O'Learys』 ベトナム・パスタにご用心。パスタが短く切られ、ソースに甘味があれば、それはローカライズされたベトナミーズ・パスタ。日本のイメージを持ったままだと、口に入れた瞬間、味のギャップに戸惑うでしょう。 このベトナミーズ・パスタと通常の…

ハノイ・ロンビエン区のビーフシチュー

ベトナムには、フランス統治時代の名残りと思われる料理がいくつか存在します。その一つが、ビーフシチュー。このビーフシチューにフォーの麺を合わせた、フォー・ボー・コーなるメニューもあります。ただ、日本でいただくようなシチューを連想すると、少し…

ハノイ・ホアンキエム区のサンドイッチ

『Banh Mi 25』 フォー、生春巻きに続いてのベトナム有名メニューと言えば、フランスパンのサンドイッチ「バイン・ミー(Banh Mi)」。庶民の食べ物なので、街角のいたるところに屋台があり、どこの店でも味は大体同じ。しかし、今回訪ねたのは、旅行サイト…

ハノイ・タイホー区の梅おろしうどん

『八十八商店』 手軽に手打ちうどんが食べられる『丸亀製麺』がハノイにはありません。ホーチミンには、数店舗あるのに。ハノイでも和食店でうどんは、食べられますが、メニューのバリエーションがそれほどありません。 しかしここは、うどんメニューに力が…

ハノイ・ロンビエン区の豚丼

『大山』 ハノイにできたAEONのレストランフロアには、ホーチミンの店舗と異なり、丸亀製麺や吉野家といった日本の有名チェーン店がありません(『牛角』除く)。 その代わりに入っているのが、ハノイの人気和食店たち。北海道ラーメンを売りとする『大山』…

ハノイ・ホアンキエム区のワンタンメン

日本人にとって中華は非常に馴染みのある料理なので、無性に食べたくなる時があります。外国で暮らすことになって、自分が中華が好きなことに気づきました。ホーチミンには、チョロンという中華街がありましたが、ここハノイには、そうしたエリアがありませ…

ハノイ・ロンビエン区の焦がし肉団子つけ麺

ハノイのランチの定番と言えば、ブン・チャー(Bun Cha)。ブンとは、米から作られる麺の種類で、形状は日本のそうめんに似ています。会社の近くにもストリートのお店があり、時間がない時に利用します。メニューは、ブン・チャー一択。この潔さがいい。 Bun…

ハノイ・バーディン区のフォーづくし

『Huong Mai』 日本の米にいろいろな料理法があるように、ここベトナムにも米から作られるフォーにいろいろなヴァリエーションがあります。その種類豊かなフォーを手軽に味わえる庶民のお店。会社のスタッフにハノイらしいお店に連れてってとオーダーして、…

ハノイ・ロンビエン区の昼定食

ベトナムでランチの定番と言えば、「コム・ビン・ザン(Com Binh Dan)」と呼ばれるスタイル。数種の作り置きおかずからお好みで選んで、ライスプレートに乗っけます。肉あり、野菜あり、ボリューム、栄養バランスともに、高ポイント。食事の終盤、スープに…

ハノイ・ロンビエン区の氷あんみつ

『Che Saigon』 ベトナムの定番スイーツと言えば、チェー。 数種の甘味具材をお好みで選んでその上にココナッツミルクと氷をかけて味わいます。暑気払いに持って来い。我が家の近くにもチェー屋さんがあるので、時々お邪魔します。 その名も『Che Saigon』。…

ハノイ・ホアンキエム区の人気フォー

『Pho 10 Ly Quoc Su』 行列のラーメン店ならぬ、フォーのお店。 口コミにて聞きつけ早速行ってみました。開店してすぐの時間帯に行ったのですが、すでに満席。観光客や外国人はもとより、地元の人たちも多い点が、名店を感じさせます。入るまでに15分ほどか…

ハノイ・ロンビエン区のとんでもミックス・グリル

出た。キング・オブ・"困惑"。 ストリートにてローカルレストランを物色中に見つけた珍品。 ナイフとフォークでデミグラスソースと合わせたハンバーグを食べている先客にひかれて入ってみました。といっても、路上ですが。 とんでもミックス・グリル、My Cha…

ホーチミン・七区の韓国冷麺

『Y Te Kam』 七区のフーミーフンには、韓国人が多く住んでいるため、本格韓国料理が楽しめます。そこで出会った絶品メニューがこれ。 韓国冷麺、100,000VND。 コシのありすぎるモッチモチ麺と酸味のあるスープ、シャキシャキの大根とリンゴ。トップに半ゆで…

ホーチミン・七区のヤギ焼肉

日本にいる時は食べたことがなくて、ベトナムに来て初めて食べたものがヤギ肉。ベトナムの居酒屋では、ビールが美味しく飲めるアテメニューとして存在感を放っています。 ヤギ焼肉。 味噌のようなタレを塗ったものを炭火で焼く。コリッとやらかいミノのよう…

ベトナムの凍らし抹茶ゼリー・ミルク

『Highlands Coffee』 ベトナムのコーヒーチェーンと言えば、Trung Nguyen No.1 Coffeeとここ。 ソファがあるので、リラックスしたい時に使います。スタバなど外資系チェーンと比較すると、商品の価格は半分ほどではないでしょうか。でも、クオリティはそれ…

ホーチミン・七区の宮廷料理

『Tib』 ブッシュ元大統領が訪れたことで知られるフエ料理のお店(三区本店)。 フエは、ベトナムの中部に位置し、かつては阮朝という王朝があった古都。フエ料理は、その宮廷料理がルーツ。ここでは、フエ料理を幅広くカジュアルに楽しめます。 Banh Beo。 …

ホーチミン・七区の鮭いくら丼

『Sushi Bar』 ホーチミン日本食レストランの先駆者、Sushi Bar。 日本で成功したモデルを移植する進出チェーンと異なり、ベトナム生まれのベトナム育ち。それでいながら、日本人とベトナム人、両方の人気を集めているのは流石。異色のチェーン店と言えます…

ホーチミン・十一区中華街の水餃子

『162 Sui Cao』 ホーチミンの中華街チョロンへ。 『地球の歩き方』に水餃子街が載っていたので、行ってみることにしました。 ベンタン市場のバスターミナルから1番のバスで20分ほどでチョロン。水餃子街は、そこから、歩いて15分くらいのところにあります。…

ホーチミン・七区の釜揚げうどん

『丸亀製麺』 いま成功している進出日系飲食チェーンの代表格と言えば丸亀製麺。 イオンの2店舗と一区の路面店、そして先日オープンしたばかりの七区のショッピングモール、VIVO City内に4店目の進出を果たしました。 大型連休中に訪れたこともあって、長蛇…

ホーチミン・一区のアヒル・カレー

『Spice Ca Phe』 こちらのブログで紹介されていたヘルシーランチに魅せられて早速訪問。 ゆで野菜がたっぷり摂れるヘルシーランチ☆「Spice Ca phe」|グッチのサイゴンせいかつ(旧:グッチのしゃんはいCook) ベトナムの野菜だけで構成されたセットメニュ…

ホーチミン・七区のバナナ・ソムリエ

南国ベトナムはバナナが豊富。小さなモンキーバナナから日本でも馴染みのある黄色いバナナや緑色、ピンク色のものまで多種多様。 バナナ、10,000VND/1kg。 バナナ・ソムリエに依頼すれば、明日食べ頃のもの、2日後に熟すものと、希望通りに商品を勧めてくれ…

ホーチミン・七区のサラダ麺

今週は、祝日の少ないベトナムではめずらしい大型連休の1週間。 特に外出予定のない日は、近所のベト飯で手軽に済ませます。 Bun Kho、27,000VND。 汁のない麺料理。つけ麺というほど、つけ汁が多いわけでもない。ドレッシングのようにあえて食べます。Bunと…

ホーチミン・七区の雪見鍋

『Wadan』 日本食レストランは、日本人の集まるエリアに固まってあることが多い。もちろん、その方が集客を見込めるからでしょう。 しかしこのお店は、交通量の多い通り沿いとはいえ、ローカルエリアに突如現れた日本食レストラン。やっていけるのだろうかと…

ホーチミン・クチのキャッサバ

南国のスイーツによく入っているタピオカ。その原材料となるのがキャッサバという芋です。メコンデルタと並び、ホーチミンからの日帰りツアーで人気のコース、クチトンネルにて食す機会がありました。 クチトンネルとは、ベトナム戦争時代に米軍に対抗するた…